角層深部にうるおい『アクアフォース エキストラミニセット』

『ポツポツ・ユルユル』と、毛穴が気になり出してはいませんか?

キメの乱れ・毛穴の開き…鏡に移る自分の小さな変化
20代とは何となく明らか何かが違う!!
そう思いだしたら、初めてのエイジングケアの開始です。
角層深部にうるおうアクアフォースで・・・・。
最近ファンデのノリが悪いかも…。  肌のカサつきも気になってきた…。
それは、年齢を重なるとともに、皮膚の働きが衰え、ハリを保てなくなるのが原因です。
そのため、皮膚が柔軟性を失ってゆるんで、頬の毛穴が縦長の状態になってっしまいます。

年齢サインに先手!!
初めての\エイジングケア対策/に「エキストラ ライン

  • 「今のスキンケアのままでいいのかな?」
  • 「もっと合うものがあるはず」

と、感じたらエイジングケアの始めどきです。

 

 

アクアフォース エキストラライン

毛穴の目立ち キメの乱れ くすみ 乾燥 ハリ不足   あなたも感じていませんか??

肌の小さな変化は、3層ダメージ連鎖から始まるのです。

アクアフォース エキストラライン

 

1.肌のゆるみ
ダメージによって、健やかな角層を支える土台の働きが停帯すると、肌変化の引き金に
2.肌やせ
肌全体のボリームが減るとしおれた肌印象を与えてしまいます。
3.肌枯れ
角層細胞が不揃いだと間がスカスカに。バリア機能や水分キープ力が低下してキメの乱れや、くすみ、毛穴の開きが目立つように…。

肌の変化にブレーキをかけるには、肌の奥までより深く、角層深部まで濃密なうるおいを与える事が大切です。

 

 

アクアフォース エキストラでエイジングケア対策

アクアフォース  肌のおくまで、潤う3つの秘密

 

秘密1 : 時間差で濃密保湿

2種類の進化がた成分 「結合性ヒアルロン酸」「高保水性トレハロース」で、時間差&長時間保湿する「新モイストリースシステム」を構築。 角層細胞をたっぷりのうるおいで満たし、まるで1日に何度もスキンケアしているような新感覚が実感できます。

 

秘密2 : 中からうるおい、ボリームアップ

約35億年前に誕生した、全ての生命の源ともいわれる「ブルーグリーンアルジー」から抽出したエキス配合。 ミネラル・アミノ酸など100種類以上の豊かな成分を含有し、潤いで肌をサポートします。風船を膨らませたようにボリームアップします。

 

秘密3 : 3D型 ヒアルロン酸

一般的なヒアルロン酸とは異なり、ヒアルロン酸同士で立体構造を織りなす保水ネットワーク膜で、角層に潤いを閉じ込め、今迄にない保水力を発揮します。

 

アクアフォースエキストラ

翌朝リフティング 体験者の喜び声が続々…

◎ 普通肌 27歳 肌がふわふわもっちりして気持ちいい♪
とろんとしたローションなのに、意外なほど浸透が早くて驚きました。ローション、ジェルとなじませていくと、肌がふわふわもっちりしてくるので、お手入れした実感があって、気持ちよかったです。

◎ 乾燥肌 35歳 べたつかないのに、肌もっちり♪
するする伸びて、べたべたしないのにもっちりしました。化粧水をつけている時のもっちり感がずっと続き、日中ふと肌を触っても、ふわふわしている感じがしました。肌が水分をとどめようとしている感じがしました。

◎ 脂性肌 28歳 水のベールがあるようななめらかさを実感!
ローションなのに、モイスチャー並みの保湿力を感じました。肌表面に残ってずっと潤っている感じ。うるおいを一番実感したのでは、肌になじませているとき。指と肌の間に水のベールがあるような、なめらかさを実感しました。

◎ 乾燥肌 30歳 オイルカットとは思えないしっとり感!
オイルカットとは思えないしっとり感で、少量でもしっかり潤いました。乾燥の気になる私でも、ローションとジェルのライン使いで、もう安心です。

進化した、『アクアフォース エキストラ』で、
あなたもぷるぷる体験を!!

 

 

角層深部に潤うアクアフォース

老化はいつから??

 

一般的に「老化」とは、加齢と共に始まる心身の劣化・衰退、つまり、年齢を重ねると現れる現象だと思われていますが、実は、そうではないのです。
私たちの細胞は日々生まれかわっっています、子供の頃に浴びた紫外線が数年、数十年後にシミとなって現れることもあります。
つまり老化とは、ある年齢になったら突然始まるものではなく、生まれた瞬間から始まっているのといえるのです。

 

 老化の原因??

老化を引き起こす原因として考えられているのが、遺伝子に老化のプログラムが書き込まれている『プログラミング説』、DNAが細胞の複製を繰り返す中で、情報伝達やタンパク質の合成にエラーがおこる『エラー説』、体がエネルギーを作り出す過程で余分な活性酸素が発生する『活性酸素説』の3つの説があります。

「プログラミング説」や「エラー説」は、自力で制御することは難しいのですが、「活性酸素説」は、少なからず自分でコントロールをすることができるのだそうです。

余分に発生した活性酸素は、若く健康な状態であれば体内の抗酸化酵素や抗酸化物質により自然に取り除かれますが、40代を過ぎると体内の抗酸化酵素が減少するため、活性酸素が除去しきれず体内に残ってしまい、老化が加速してしまうのです。

抗酸化酵素の減少を遅らせることができれば、老化を遅らせることができます。
老化のスピードは遅らせるには、「バランスの良い食事」・「睡眠」「適度な運動」を習慣つければ良いでしょう。

↓↓ エキストララインで、いつまでも若々しい肌を ↓↓